草木染め-茜編-

IMG_3652 コピー




以前買ってあったアナンダさんの「西洋茜」。
根も染液も何度も使えるので簡単にすてないように とあったので、
ケチって少な目の量で何度か染液を取って、で
羊毛、フェルト、毛糸、シルク、ガーゼ と欲張りに染めてみました。

アカネは高温で煮出すと黄色味の強い赤に染まるそうなので
温度に気をつけて80度くらいまでで煮出してみました。
これくらいの温度でいけたのかな?
素材もコットンと違い、シルク、ウールはぐつぐつしない方が良いそう。
(その後調べていたら、「羊工房パオ」さんで3回目までは黄色味が強いけれど、
4回目以降は綺麗なサーモンピンクになるという記述を発見!
この時3回煮出したので次に使用するときはまた色が変わるのかしら!?おもしろいなー♪)


IMG_3359.jpg

これが西洋茜。
日本の物は根っこがこんなに太くないそうです。



IMG_3356.jpg

煮出しているところ。
右上がシルクですが、この段階ではなかなか色が入らずにどうなるんだろう〜って思っていました。



IMG_3360.jpg

そして媒染液に移してしばらく経つと…どれも少しずつ色鮮やかに。特にシルクはぐっと色が濃くなってすごくかわいい^^夜中なのに一人で怪しくにやにやしていました。笑




そうそう、このシルクは「アムリタ商店」さんのもの。
2年ほど前に染めたい〜〜と数種類購入していたものです。
ずっと真っ白なままおもちゃ棚に置かれていたもの。
ようやく色がつきました^^



IMG_3654 コピー



やっぱり動物性の繊維は簡単に綺麗に染まる感じ。
見ているだけで本当に癒されます。うーかわいい!!!
あ、でも毛糸はアナンダさんの記述にあったようにやっぱりちょっとムラになってるかな?

で、お次に
↑の染液を置いておいて使用。
リビングのテーブル横の窓にかけている一時しのぎのガーゼの布が薄汚くなっていたので
染めてみました。
それがコチラ↓

イメージしていたうすいかわいいピンク色に染まってくれました!


IMG_3646 コピー




なんなんでしょう、やっぱり自然の色って本当に心にぐっとくるものがあって、
もうすっかり病みつきです。
とりあえず練習がてら手当たり次第染めていっていて、染めあがったものは
作品になるまでは部屋中の目隠し布につかったり、くるくる巻いてぽんと置いておいたりしています。
いつも目にする度にほっと和みます。

ミシンに触れる余裕が出できたら、娘の服なんかにしたり
小物を作ってみたりしたいなー!といろいろイメージして楽しんでいます。
最近はめっきりミシン部屋にこもるなんて余裕を作れずにいますが またそのうち。。
ショップでの作品にも取り入れられるように上手になりたいなー!


次は恐怖の(笑)セイタカアワダチソウ染めをアップする予定です☆
[PR]
by spinninglife | 2008-11-03 10:29 | 製作記録


三男二女の母。高校生から始めた冷えとりライフで、下の4人は自力出産。体温を下げないライフスタイルを心がけています。ヘンプのこども&おとなふんどし、天然石アクセサリーの小さなお店open。オーダー受付中。


by まいこ

プロフィールを見る

memo

■instagram■
http://instagram.com/lucca1208/

■facebookページ■
LUCCA(ルッカ)

■にほんブログ村■
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服(洋裁)へ

カテゴリ

全体
はじめまして
日々
製作記録
冷え取り
マタニティライフ
shop案内
手仕事道具・本・材料ねた
愛用品

冷えとり
菜園ノート
星(占星術)
未分類

タグ

(100)
(68)
(44)
(35)
(32)
(26)
(24)
(16)
(16)
(16)
(13)
(10)
(9)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(3)
(2)

:

検索

以前の記事

2018年 02月
2017年 01月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
more...

外部リンク

その他のジャンル